アーティスト・知識

EDMのジャンル「ビッグルーム」って何だ?とことん分かりやすく解説!

ども〜

 

今回はEDMのジャンルの一つ、ビッグルームについてのお話をしたいと思います!

というのもEDMは「ビッグルーム」、「バウンス」、「フューチャーハウス」、「トロピカルハウス」などと細かくジャンル分けしてあって、正直どれがどれか分かりずらいですよね…

てことでできる限り分かりやすく説明していきたいと思います!

 

ただ、EDMのジャンルは定義するのが難しく、常に新しいジャンルが開拓されているので、あくまでも目安にして頂けたら幸いです。

 

では早速START!!

ビッグルーム系DJ

まず始めにビッグルーム系の有名DJを紹介したいと思います。

これを見て「ああ、こんな感じの曲ね〜」とぼんやり輪郭を把握していると後の説明がより分かりやすいと思います!

・Martin Garrix

・David Guetta

・Zedd

・Hardwell

これらのDJは主にビッグルーム系の曲をリリースしています。

このリストを見て感じると思いますが、ビッグルームはEDMで一番メジャーで、認知度が高いジャンルと言っても過言ではないでしょう。

 

では次の項目からはビッグルームの特徴を解説していきたいと思います!

ビッグルーム(BIG ROOM)とは

簡単にビッグルームの特徴をまとめると、

・BPMが125~130程度

・ドロップが4つ打ち

・メロディーが印象的

このような感じでしょうか。

ただ、これをみただけだと「??」って感じだと思うので、これらの特徴を一つずつ解説していき、最後には「だいたいわかった!」と言えるように説明していきます!

 

では一つずつみていきましょう!

 

BPMが125~130程度

これは音楽の経験がある人は「あーだいたいこれくらいね」とわかると思いますが、簡単に言うとテンポのことです。

曲のスピードといったところですね。

でも言葉では分かりづらいので、実際曲を聴いてみましょう!

これくらいのテンポがBPM125~130になります。

実際、これくらいのテンポが一番踊りやすく、盛り上がりやすいです。

因みに、この曲はDavid Guetta(デビッドゲッタ)の『Better When You’er Gone』という曲で、前の項目でも触れましたが、デビッドゲッタは主にビッグルームにあたる曲をリリースしているDJなので、色々聴いてみるといいと思います!

ドロップが4つ打ち

ドロップが4つ打ちなのもビッグルームの特徴です。

4つ打ちとは、4拍子のリズムに合わせて、ワンツースリーフォーとビートを刻むことです。

ずっしり重低音が響きます。

また、ビルドアップの盛り上げが強いのも特徴の一つです。

ドロップ?ビルドアップって何だ?って方はこちらに説明してあります。

https://masasablog.com/edmの曲の構成、用語の意味を解説しちゃう

メロディーが印象的

ビッグルームはメロディーが印象的なのも特徴の一つです。

ドロップのメロディーが鼻歌で歌えたりするように、印象に残りやすいものが多いです。

ただ、他のジャンルでも同じようなことが言えるので、「比較的」といったレベルでの話になります。

似ているジャンルとの比較

では次に、ビッグルームと似ているジャンルとの比較をしていきましょう!

プログレッシブハウス

まず始めにプログレッシブハウスです!

 

プログレッシブハウスというのは、同じくEDMのジャンルの一つなのですが、ビッグルームから派生したジャンルです。

ビッグルームとの違いは、歌がメインなことが多く、全体的に軽い印象の曲が多いことです。

ビッグルームよりさらにメロディー重視で、キラキラした爽快感あふれるサウンドが特徴です。

また、曲の始まりが静かなのも特徴と言っていいでしょう。

 

こちらはプログレッシブハウス系の曲を多くリリースしたAviciiの『Without You』という曲です。

ビッグルーム系の曲より爽やかで、歌が重視されているのがよくわかると思います。

バウンス

お次はバウンスです!

 

バウンスというのは、簡単にいうとブチアゲ系の曲を指します。

ビッグルームとの違いは、メロディー重視ではなく、とにかくノリ重視ということです。

ドロップは基本4つ打ちで、ビルドアップで大いに盛り上げるという点ではビッグルームと重なりますが、ドロップのシンセが根太いサウンドという特徴もあります。

中高生に分かりやすくいうとレペゼン地球のような曲を指します。

 

こちらはバウンス系DJのTJRの『What’s Up Suckaz』という曲です。

こちらを聴いて頂くと、ビッグルームとの違いが分かりやすいと思います。

伝わったかな、、?

以上、ビッグルームの解説でした!

 

完全にはわからなくとも、「だいたいこんな感じかな?」というところまでは行けましたでしょうか??

でも実際どれだけ突き詰めても、人によって意見が違ったりするものなので、だいたいわかったでいいと思います!

また、ジャンルがわからなくてもEDMは楽しめるものなので、是非色んなEDMを聴いていきましょう!

てことで、今回はこの辺で!

 

また〜👋