ギター

ギターのピックアップってなんだ?意味、主な種類をわかりやすく解説!

ども〜

 

今回は特にエレキギターを扱う時によく耳にする「ピックアップ」について説明していきたいと思います!

出来るだけわかりやすく簡潔に説明していきます!

 

では早速みていきましょう!

ピックアップって何??

ではまずピックアップとは何かを説明します。

簡単に言うと、ピックアップとはギターの音を拾う部分です。

もう少し詳しく言うと、ギターから出た音(振動)を電気信号に変える部分です。

なので、特にエレキギターにはなくてはならないパーツで、とても重要な役目を担っています。

ピックアップってどれ?

では次に、ピックアップはどれなのかについて説明します。

ズバリ、下の写真の赤丸で囲んである部分です!

弦の真下に、基本2つか3つ付いています。

 

これらのピックアップは、ギター本体についているピックアップセレクターというレバーで、どのピックアップが音を拾うかを選択したり、組み合わせを変えたりすることができます。

また、基本的にブリッジ側(上の写真だと下側)のピックアップから音を拾うと角のある鋭い音ネック側(上の写真だと上側)からは丸いモコモコした音が出ます。

ピックアップの主な種類

ではお次にピックアップの主な種類を2つ紹介したいと思います!

シングルコイル

1つ目はシングルコイルというタイプです!

シングルコイルは、主にストラトキャスターテレキャスターなどのギターに搭載されているピックアップです。

チャキチャキした歯切れのいい音が出るのが特徴です。

音の輪郭がはっきりしていて、軽快な音を奏でるのに向いているので、曲にもよりますが、特にバッキングでコードを鳴らす場面にもってこいだと言えるでしょう。

こちらは[ALEXANDROS]starrrrrrrという曲です。

この曲のイントロのギターはシングルコイルの持ち味である軽快さが存分に発揮されています。

ハムバッカー

2つ目はハムバッカーです!

 

ハムバッカーは上の写真を見て頂くと分かると思いますが、シングルコイルが2つくっついているのが特徴です。また、カバーがついているものも多くあります。

細かい説明は省きますが、これによってノイズ(ジー、ザーという不要な音)をシングルコイルより少なく抑えることができます。

サウンド面では、シングルコイルより太く、温かいのが特徴です。

どちらかというとロックなサウンドに向いており、リードパートのギターとして使われる場合が多いです。

こちらはヤバイTシャツ屋さんヤバみという曲です。

終始ハムバッカーらしい太くロックなサウンドのギターを聞くことができます。

まとめ

以上、ピックアップについての解説でした!

 

ピックアップはギターの音を左右する大切な部分で、演奏する曲やパートによって向き不向きがあるので、それぞれの特徴をしっかり理解して、ピックアップの良さを最大限まで引き出しましょう!

 

それではまた〜👋