ギター

人気のディストーション・エフェクター4種類を比較解説してみた!

ども〜

 

今回は人気のディストーション・エフェクターを4つ比較していこうと思います!

どれもおすすめなので、購入などの参考にしていただければ幸いです!

では早速見ていきましょう〜

ちなみに、はじめにメーカー名後に製品名といった形で表記しています。

エフェクター紹介

BOSS DS-1X

まずはこちら、DS-1Xです!

 

このペダルの特徴は、音がしっかり分離していながら強い歪んだサウンドを得ることができることです。

音が分離しているとは、コードを弾いた時などに強く歪ませていてもそれぞれの音が潰れることなく聞こえるということです。

また、ノイズが非常に少なくあまり荒々しくない歪みなのが特徴です。

とりあえずこれを買っておけばOK!と言った定番のペダルです。

こちらは定番エフェクターメーカーBOSSのディストーションペダルで、他にもDS-1、DS-2などの旧モデルもあり、そちらも人気ですが今回はDS-1Xの説明に限らせていただきます。

Proco RAT2

お次はProco RAT2です!

 

こちらも定番のペダルですが、サウンドはDS-1Xとはまた異なったものになります。

Proco RAT2の特徴は、歪ませるほど音が太くなり輪郭がぼやけていくことです。

なので歪みを強くしていくと音が潰れやすく、荒っぽい音になります。

ですが、こちらのペダルはブースター(ギターソロなどで音を前に出したい時に使うべダル)としても人気で、ディストーションとして使うときも、歪ませすぎないほうが色んな曲に対応できるでしょう。

Suhr Riot

お次はSuhrのRiotです!

ちなみにSuhr(サー)Riot(ライオット)と読みます。

 

こちらのペダルはどちらかというとDS-1X寄りのサウンドで、音の粒が細かく滑らかながら強く歪ませることができるのが魅力です。

また、どの楽器とも相性が良く、一つ持っていると安心できるといった安定感があります。

見た目もカッコよくてよだれが出ます。(真顔)

 

Electro Harmonix Big Muff Pi

お次はElectro HarmonixのBig Muff Piです!

 

こちらのペダルは、ディストーションの中でも「ファズ」と呼ばれる部類で、低音が強く、こもった音が特徴的です。

ヴィンテージのビッグマフよりはファズ感はないですが、それでもクセがある音なので、ジャンルを選ぶかもしれません。

まとめ

以上、人気のディストーションペダルの比較解説でした!

今回紹介したペダル達はどれも有名なペダルですが、人によって好き嫌いがあるものなので、購入の際は、色んな動画で音を確かめたり、実際に楽器屋に足を運んで試奏してみることをお勧めします!

 

それでは、良いディストーションライフを!(?)