ギター

BOSS JB-2 Angry Driverがすごい!様々な機能を解説!

ども〜

 

今回はBOSSJHSのコラボペダル「JB-2 Angry Driver(アングリードライバー)」について解説していこうと思います!

このペダルは私もずっと愛用していますが、とにかく便利で、とてもおすすめできるものなので、その機能を詳しく紹介していきます!

では早速見ていきましょう!

※今回「エフェクター」と「ペダル」は同じ意味として使っています。

JB-2は2つのエフェクターが1つになったエフェクター!

まず初めに、JB-2の大まかな紹介をしようと思います!

 

JB-2は、JHSAngry Charlie V3(以下アングリーチャーリー)とBOSSBD-2 Blues Driver(以下BD-2)が1つになったペダルで、2つのエフェクターを切り替えたり、同時に鳴らしたりできるのが特徴です。

では、JB-2の成分となるこの2つのエフェクターについて軽く説明したいと思います!

JHS Angry Charlie V3

アングリーチャーリーは、実力派エフェクターメーカーJHSディストーションペダルで、ハイゲイン(よく歪む)のが特徴です。

また、イコライザー(高音域、中音域、低音域のどこを強くするか)の効き目がよく、シチュエーションにあった音作りができるのが特徴です。

BOSS BD-2 Blues Driver

BD-2は、言わずと知れたBOSSオーバードライブエフェクターで、クランチサウンドはもちろん、強く歪ませるとディストーションのような歪みも得ることができる万能ペダルです。

ピッキングの強弱によって表情の違う音を得ることもできるので、表現性にも長けたペダルでもあります。

様々な機能が凝縮!

では次に、JB-2の機能JB-2を使ってできることを紹介していきます!

モードがたくさんあって、音作りの幅が広がる!

JB-2は、2つのエフェクターが1つになっているので、その組み合わせによって様々な音作りをすることができます。

組み合わせ、モードは以下の通りです!

モード モードの説明 フットスイッチの役割
JHS アングリードライバー単体での使用 ON/OFF
BOSS BD-2単体での使用 ON/OFF
JHS/BOSS フットスイッチでアングリーチャーリー、BD-2の切り替えができる 2つのエフェクターの切り替え
J>B アングリーチャーリー→BD-2の順番での接続 ON/OFF
B>J BD-2→アングリーチャーリーの順番での接続 ON/OFF
PARALLEL 2つのエフェクターをを並列接続 ON/OFF

こんなにモードの設定があるんです!

これだけ種類があると歪み系の音作りはこれ1台で完結しちゃいそうですね。

しかも、PARALLELに至っては、別々にBD-2と、アングリーチャーリーを持っていてもできない接続の仕方なので、いよいよ単体のBD-2とアングリーチャーリーは不要になってしまいますね。。笑

2軸ポッドで細かい設定ができる!

JB-2は、2軸ポッドというノブが採用されていて、内側を回すとアングリーチャーリー外側を回すとBD-2の設定を行うことができます!

これによって、2つのエフェクターを同時に使用するモードの時でもさらに細かく設定をすることができます。

リモートペダルで拡張できる!

別売りになりますが、JB-2にはリモートペダルをつける穴があり、リモートペダルをつけることができます。

リモートペダルをつけることにより、本体のフットスイッチではアングリーチャーリー、BD-2の切り替えしかできないモードの時でも、リモートペダルを踏むことで、JB-2のON/OFFができるようになったりします!

他のモードでも色々と役に立つので、JB-2のパフォーマンスを最大限まで引き出したい方は買って損はないと思います!

JB-2最強

以上、JB-2の解説でした!

多機能だし、アングリーチャーリー、BD-2は共にいい音の出るエフェクターなので、これからもずっと使っていくつもりです!

皆さんも持っていて得しかないと思うので、楽器店などでチェックしてみてください!

 

ではまた〜👋